あれば安心!消費者金融のカードローン

今借り入れが必要なくても作っておけば安心

転職になる前にカードローンを作っておこう
確実に終身雇用になれば問題ありませんが、今は経済が安定しない社会なのでいつリストラにあわないとも限りません。

転職を余儀なくされる可能性はだれにでもあります。
また現に転職を考え中の人もおられることでしょう。

いずれにしても転職すると新しい職場では1年生からのスタートです。
収入も最初の頃は以前の職場と同じレベルになることは期待できないでしょう。
また転職することになれば就職活動に関することなどで何かと出費も多くなります。

そうしたデメリットを考えると転職しないに越したことはありませんが、現在の職場で問題が生じたり自分自身の状況が変化したりしてやむおえない場合もあることでしょう。
就職活動は多大な費用と時間と労力を要するため新しい仕事を決める時はかなり慎重になる必要があります。

それと同時に一つの備えとしてカードローンを作っておくと安心です。
今の仕事を退職する前に作っておくことが肝心です。
今現在借金をする必要はないとしてもあらかじめ作っておくことによっていざという時に助けになります。

カードローンLand | 初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

転職前に作っておいた方がよいのはなぜ?

カードローンは転職後よりも転職前に作っておくことをお勧めします。
なぜなら今現在就いている職業がカードローン審査において有利に働くかもしれないからです。
もし現在安定した企業で正社員として働いているなら確実に審査に通りやすくなります。
転職後の仕事が現在よりも不安定だとしたらその時に審査を受けても不利になるでしょう。
また転職後の職場が安定したところであったとしても勤続年数が浅ければ審査において有利とはいえません。

さらに今現在の就職状況がカードローンの借り入れ枠にも大きく影響することを覚えておいてください。今安定した収入を得ているなら借入枠は大きく低金利での契約ができます。
もちろん今は借金は必要ないかもしれませんが転職後、もしも収入が少なくてお金が足りなくなったとしても最初に契約したとおりの条件つまり大きい枠と低金利で借り入れをすることができるのです。
ですから転職前に審査をうけてカードローンを作っておくことがお勧めなのです。

迷う必要はありません。今作っておきましょう

転職する予定があるかどうかにかかわらず今のうちにカードローンを作っておくならいざという時安心です。将来に備える保険のようなものです。
しかも保険とちがって費用がかかりません。
カードローンを利用する機会が全くなかったとしても作っておいて損はしないのです。
カードローンを提供している会社はいろいろあります。
申し込むことが決まったら自分の条件に合った会社を選択して申し込みましょう。

カードローンの返済金額の落とし穴について

カードローンを利用するともちろん返済をしなければいけません。
しかし、ここにカードローンの落とし穴があります。
よくカードローンの返済について相談をすると、「毎月一定額で少額での返済だから無理なく返済ができます」という説明を受けます。

カードローンの利息の金額は元本に利率をかけたもので決まります。
毎月の返済額の内訳は元本分+利息となります。毎月の返済が少額だと、利息の支払いが大部分を占めることになり、元本の返済がほとんどされないことになります。
この状況ではずっと利息を支払い続けることになり、一向に返済が終わらないです。

この問題を解消するためには繰り上げ返済ということができます。
これは毎月の返済に加えて返済分を増やすことです。
これによって元本を早く返済することができ、結果として利息の支払い額を減らすことができます。

よって可能であれば繰り上げ返済をするほうがお得になりますので、繰り上げ返済の利用をおすすめします。

カードローンのカード作成してみました。

どうしてもお金が足りなくなったことがありまして、無人契約機を利用しようとある無人契約機の前に行きましたが中に入ることが出来ないでいました。
車の往来が非常に多い所で入りにくかったというのもありますがローン地獄に陥るという気持ちもあってなかなか踏ん切りがつきませんでした。

その日は結局中には入れませんで、次の日の夜に再度決意して飛び込みました。
今回はスッと入ることが出来ました。
ただ今でも思い出すのが無人契約機の前に座った時に扉がガチャって自動的にしまった時にすごく逃げられないって気持ちになって暗い気持ちになったのをよく覚えています。

申込み自体は画面にタッチしてスムーズに進みましたから大きな問題はありませんでした。
本人確認症とかも機械で認識してくれたんですごくスムーズに出来るんだなぁという感想が一番ですね。

あっという間に審査も合格になって新しいカードが発行されて、座った時にガチャって閉まった扉もガチャって再び開いた時にはすごい解放感を感じました。
何はともあれこれでピンチは脱しましたが計画的に利用しようと思います。

甘い誘惑のカードローン

カードローンに頼って物を買ったりする事自体そんなに珍しい事ではないですね。
別にローンを使って上手に買い物するならそんなに責られるはずはないです。
しかし返済能力以上にローンを組んでしまってはローンは減りません。
むしろ増えていってしまいます。

そしてカードローンは返し終わってもまたローンを組んでしまったりこのループからなかなか抜け出せない人もいます。
カードがあれば簡単に欲しい物が買えてしまうのですから自己管理ができてない人には悪魔のカードにも思えます。
最初はつい軽い気持ちでローンを組んでいき、ひと月にいくら使ったかも把握しなくなり限度額いっぱいまで使ってしまう。よくある話です。

そしてなかなか減らない元本にストレスが溜まってしまいまたローンで買い物をしてしまうという負の連鎖。
自分の管理に自信がない人、金利を理解できない人などはカードでローンを組まない方がいいでしょう。
そしてそうじゃないひとはまずそんなにローンを組みません。
その事をよく考えてローンを組むか考えてみてはいかがでしょうか?

カードローンはどうして受け入れられるようになったのか

昔のカードローンカードローンの利用者もずいぶんと増えたように思えますが、どうしてこんなに一般化したのでしょうか。
一昔前なら、カードローンなどでお金を借りるということは、あまりよくないことだと考えられていたのを覚えていますか。
そもそもカードローン会社のイメージが最悪でした。

とても高い金利で貸し付け、返せないと厳しい取り立てで夜逃げする人や自殺する人がたくさんいました。
今でもそのころのイメージを引きずっている人がいるようで、カードローンを利用しているというとあまりいい目では見られませんよね。

変わることで生き残ったカードローン

グレーゾーン金利というものがあります。
一応は法律の範囲内なのですが、暴利といっても差し支えがないため、問題視されていました。
もちろんこのような金利で借りる方が問題といえば問題かもしれませんが、お金がどうしても必要な人というのはなりふり構ってられないということがあります。

それに今と比べると、昔はとても審査がゆるかったので、どんどんと貸し付けていました。
もちろん取り立ては厳しく、それが金融業界のイメージを悪くしていたのです。
世間の目は厳しくなるのは当然で、法律的にも制限ができて、金融業界は痛手を被りました。

他にも景気の悪化も、金融業界が変わらざるを得なくなった原因です。
返せない人だらけになってしまえば、どんなに暴利でも意味がありません。
けっきょく世間や法律、景気と折り合いをつけて、金融業界はイメージを回復させてきました。

かつてのような暴利は取れませんし、厳しい取り立てもできなくなってしまいました。
さらに過払い請求が一般化したせいで、大手業者ですら倒産してしまったのです。
最近は総量規制によって、さらに貸出が厳しくなりました。
景気は上向きつつあるもののまだ楽観視はできないため、審査も厳格に行うしかありません。

こうして、本当に借りたい人が安全に借りられるカードローンが誕生したのです。
イメージもずいぶんと回復しましたが、まだまだ悪いイメージを持ち続けている人がいるのも確かです。

カードローンを使ってみよう!

闇金などは今でも残っていて問題外ですが、カードローンのような法律の範囲内で運営されている金融業者はずいぶんと問題が少なくなりました。
まだ利用するのにためらっている人もいるでしょうが、カードローンはきちんと使えば便利な存在ですので、利用することを検討してみてください。

借り換えの注意点について

借り換え返済を利用するとたくさんのメリットがあります。
特に複数の金融機関などからお金を借りすぎてしまって、返済で困った人にとっては便利な方法ではありますが、それでも欠点や落とし穴があることを心に留めておいたほうが良いと思います。
それらに捕らわれることによって、後々の借り入れに影響してしまうことがあるからです。

借り換えで油断してはいけない

借り換えを申し込むと、以前の借金から開放されたような気分になります。
しかしそれは錯覚で、この開放感からお金をもうちょっとなら借りても良いんじゃないの?
という感じになってしまうので注意が必要です。

借金を返すために借り換えをしたわけですから、この状態に甘えてお金を借りてしまうと、さらに自分を窮地に追いやられることになります。
借金をしていると気持ちが大きくなりがちですが、生活の負担を減らすための借り換えであるということを肝に銘じて借金をこれ以上つくらないように心がけることが大切です。
もしこれに失敗したらもう後がないわけですから。

さらに注意をしましょう

晴れて審査に通ると、今まで多重債務に苦しんでいた状況が解消され、1社からの借り入れに変わります。
これで返済の期日も把握がカンタンになり、苦しみが減ることでしょう。
でも、だからと言って安心するのはまだ早いのです。金利が下がり返済がしやすくなったのは確かですが、借金の額は変わっていません。真摯に返済をするという気持ちでお金を向き合って行きましょう。

複数のカードローンと契約する危険性

カードローンを複数契約する必要性は?
最近は消費者金融だけではなく、多くの銀行がカードローンを扱うようになっており、しかも各業者が様々なサービスを提供しているため、どれを選択していいのか迷うほどです。
結果的には、自分にとって都合の良いサービスをより多く利用するため、複数のカードローンと契約する人が少なくありません。

例えば、たまたまお金が必要になった時に借りることを考えて、何回でも「無利息期間サービス」を利用できるカードを持ったり、また、まとめてお金を借りる時のことを考えて利用限度額が高く、金利の低いカードを持ったり、さらには、自分の契約している銀行口座に対しては、24時間365日申込むと同時にお金を振り込んでもらえるカードローンと契約したりしています。

しかし、サービスに目がくらんで複数のカードローンと契約することは、反面危険性も含んでいることを念頭に置いておくべきです。それは、カードが多いとどうしても借入額が増える傾向にありますし、また、金利や返済日が一様ではないため管理が煩雑になり、返済ミスを犯しかねません。そして、最もデメリットとなるのが、審査における印象です。
カードローンの審査においては、当然利用者の返済能力が一番問われます。

そこで、複数のカードローンと契約をしていることはお金に困っている人、ないしは、お金を借り過ぎる危険性のある人と判断されることになります。
従って、いざという時にお金が借りられないということも起こり得ます。

複数のカードローンを持つデメリット

カードローンというのは最初の内はアルバイトや派遣社員でもない限り、すんなり審査が通るものです。しかし、件数がかさんでいくに従って審査が通りにくくなっていきます。
それは、貸金業法による総量規制があるからです。
借入が増えて年収の3分の1近くになれば、どんなにお願いしてもお金は貸してもらえません。

また、カードローンにおける借入記録は必ず指定信用情報機関に登録されることになっており、すべての業者が借入などの信用情報を共有しているため、ごまかしがききません。 

継続的な利用における信用のアップ

なおほとんどの業者がカードローンに初めて申し込む利用者に対しては、利用限度額を低く設定します。
そのために、複数のカードローンと契約をする人がいるのも事実です。
しかし、信用を高めることで、利用限度額を上げてもらうことは可能になっています。
継続的な利用と、安定した返済を繰り返していれば、業者の方で利用限度額を上げてくれるようになります。